福満虚空蔵尊円蔵寺 柳津町

2022年4月19日撮影

福満虚空蔵尊円蔵寺のご案内

柳津町の福満虚空蔵尊円蔵寺境内や周辺の只見川沿いにある約百本の桜が満開になっている。
 約400年前の地震で円蔵寺のお堂などが倒壊した時、赤毛の牛が現れて再建資材の運搬を手伝った-という「赤べこ」伝説発祥の地でもある。
 境内には赤べこをねぎらって建立された「撫牛(なでうし)」がある。開運をもたらすと言われ、参拝客や観光客らが桜をめでながら幸運を願っている。

福満虚空蔵尊円蔵寺へのアクセス

磐越自動車道会津坂下インターチェンジ(IC)から車で10分。JR只見線会津柳津駅から徒歩5分